弁護士へ売掛金の回収を依頼する

Pocket

取引先が多いほど、売掛金の回収は会社の経営を安定させるためにも重要となります。売掛金の回収で困った場合、まずは自分でアクションを起こして、それでもどうにもならなくなった場合、弁護士へ回収を依頼するという人が多くなっています。弁護士に依頼する事で、どの程度までやってくれるのかが気になるところですが、実際に、相手への交渉はもちろん、文書の作成など、売掛金回収にむけての動きをすべて行ってもらう事ができるので、取引先と直接顔を合わせる事なく交渉を進める事ができます。

特に、取引先が話合いはもちろん、支払事態に応じてくれない場合も、弁護士が介入する事で、素直に支払に応じてくれたというケースも多くあります。また、一括で支払えない場合は、分割で支払うための担保や保証人、公正証書の作成など、口約束ではなくしっかりと法律的に守られるように約束を取り付ける事ができるので安心です。

このように、弁護士に売掛金の回収を依頼する事でできる事は、たくさんあります。回収自体半分あきらめていたひとも、相談した事で無事に回収できた、逃げられる事なく解決できたというケースもあるので、売掛金の回収で困った場合はまずは弁護士に相談してみるのがおすすめです。

Pocket

売掛金の回収で困ったら

Pocket

弁護士に売掛金の回収を依頼するとなると、なんとなく大事になってしまう気がして、一歩を踏み出す事ができないという方も多いのではないでしょうか。実際に、依頼する際には、費用も掛かるため、売掛金の金額によってはマイナスになってしまう事もあります。しかし、一回の売掛金の金額が少なくても、支払いを先延ばしになれて、積もり積もった売掛金の場合、回収ができないと、自信の会社の存続にかかわってしまうというケースもあるため、金額的に大きく膨らんできた場合は、個人での回収よりも、弁護士へ依頼するほうがスムーズに解決策を模索する事ができます。

まれに、悪質な取引先になると売掛金自体を踏み倒して倒産してしまい、連鎖倒産をこうむってしまうという最悪な事態も起こり得るため、十分に注意をしておくことが必要です。特に、売掛金の金額が大きくなってきた場合は、早めに弁護士へ相談をして、交渉を始める事が必要です。長年付き合いのある取引先の場合、お互いに顔を知っているので、中々請求を渋ってしまう事もあります。そうなると、売掛金の金額が大きくなってしまい、お互いににっちもさっちもいかない状況になりかねないので、お互いの為にも、いい方法を提案してもらえるという点でも、弁護士へ依頼するメリットになります。

Pocket

売掛金の回収は弁護士へ

Pocket

商売をしていると取引先との関係はとても大事なものです。特に長年付き合ってきた取引先が、中々売掛金の支払をしてくれないなどのトラブルに発展すると、自分一人の力ではどうにもならないケースもあり、後々の関係を悪化させないためにも、円満に話を進めていく事が必要です。

売掛金の回収で困った場合は、早い段階から弁護士に依頼をしておくと関係を壊す事なく売掛金の回収を行う事ができます。とくに、悪質なケースの場合、支払い自体応じない、売掛金の時効を主張されて払う位置を見せてくれないなど、回収自体が難しいケースでも、弁護士が介入する事でスムーズに進む事もあります。また、どうしても、話合いに応じない場合は、訴訟や調停を起して回収する事もできるので、泣き寝入りせずに一度弁護士に相談をすることがおすすめです。特に、円満に話をすすめたい場合も、取引先と自分が顔を合わせる事なく話合いを進める事ができるので、弁護士に依頼する事でお互いにいい方法を選択する事もできます。

取引先の経営状態がよくなく、分割払いの依頼をうけた場合も、公正証書や担保をとるなど、法律的な約束事をもうける事ができる点も弁護士に売掛金の回収を依頼するメリットのひとつといえます。売掛金を回収できても、取引先とななんだかぎこちない感じなってしまうと今後の付き合いが難しくなってしまう事があります。そうならないためにも、第三者をいれての話合いで解決方法を模索する事ができるのが弁護士に売掛金の回収を依頼する最大のメリットといえます。

Pocket